« カルガモ、そしてノウゼンカズラとアガパンサス | トップページ | この夏初めての打上げ花火 »

2016年7月 6日 (水)

フヨウ(芙蓉)

フヨウとハイビスカスとムクゲ。暑熱の夏を代表する花。大輪の花はいずれもよく似ている。花びらの形状と色から見分けるのは難しい。ただ、花芯(雄蕊・雌蕊)が、それぞれに違っている。そして葉の形、樹形が違っている。

下の写真はどちらもフヨウ。一枚目の深紅の花は大輪で直径15センチくらい。真夏の日差しを受け止めて、「美しいというより迫力満点」、という言い方は花に失礼かな?この女王花(?)、一本の木に毎日一輪ずつ蕾を開くようだ。

2枚目のフヨウは、もう少し柔らかなピンクで、こちらの方は一本の木にたくさんの花をつけている。若い娘たちがわいわいおしゃべりしているみたいだ。

Dscn6649

Dscn6648


« カルガモ、そしてノウゼンカズラとアガパンサス | トップページ | この夏初めての打上げ花火 »

コメント

私はどれも大好きですが、中でもムクゲが好きです。
芙蓉は移り気、ハイビスカスは派手、ムクゲは中庸。。って感じかな〜
でも、好きな理由は、実家にかなり大きな薄紫のムクゲの木があって、
その花が大好きだったから、です。単純です ^^
花の形だけからなら、タチアオイもよく似てますね〜。
柴原のバス停に、深紅のきれいなタチアオイが咲きます。

おじゃままさん、こんにちわ。
昨日は七夕。牽牛と織女が大宇宙のどこかで年に一度の逢瀬を楽しんでいた。
いやいや別れが辛くて泣いていたのか。ロマンチックですが、何だか悲しい。
おじゃままさんはムクゲがお好きなんですね。ご実家の庭の薄紫のムクゲ、
「控え目にはなやかな」(中庸の)花を次々と咲かせていることでしょう。
そういえばタチアオイもよく似た花ですね。野畠図書館の近くでも見かけます。
そのそばのゼニアオイの花、子どもの頃の思い出と結びついていて、好きな花です。

こんにちは検索をしていたらこちらのブログにあたりました。

写真がとても美しく、文章もしみじみと心に沁みるようで、

お読みになった本の一節と、もぐら様の生活がシンクロしていて
豊かに広がるような、大人の余裕を感じるというか、
私も心豊かで、充実した人生が送れるようがんばります。

山川さん、はじめまして。
あたたかなコメント、ありがとうございました。
野鳥や昆虫や野の花など、身近な自然にいろいろと教えられる毎日です。
これからも、どうぞよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/66348284

この記事へのトラックバック一覧です: フヨウ(芙蓉):

« カルガモ、そしてノウゼンカズラとアガパンサス | トップページ | この夏初めての打上げ花火 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ