« 初冬の午後の光 | トップページ | ホシハジロ »

2015年12月 8日 (火)

今日の千里川

12月8日、初冬の午後の千里川。カルガモのつがいは傾き始めた冬の陽射しを浴びてまどろんでいるようです。

Dscn5376

川べりの樹木が伐採されてしまったので、北緑丘の野鳥観察のエリアにそれまでいた野鳥の数がすっかり減ってしまった。カモ類とセキレイだけは今もよく出会う。どちらも木の実を餌にしていないからだろうか。切り株の赤い年輪をさらしているニレやヤナギの根元から伸び始めている「ひこばえ」が野鳥の好きな実を結ぶまで何年かかるのだろう。「大自然の尺度で計ったら、ほんの一瞬かもしれないなあ」と思って心を慰めている。野鳥たちはそのことをきっと本能的に知っているのだ。だから、あんなに屈託なくのんびりとまどろんでいる。

下の写真はキセキレイ。その下はアオサギ。

Dscn5371

Dscn5352_2

« 初冬の午後の光 | トップページ | ホシハジロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/62875111

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の千里川:

« 初冬の午後の光 | トップページ | ホシハジロ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ