« 夏の終りに―よき人に逢っての帰り | トップページ | 名にし負わば・・・エノコログサ、ヌスビトハギ、ヘクソカズラ »

2013年8月31日 (土)

「赤の女王」仮説

Alice_queen2

今年の夏の異様な猛暑に、「これまでとは違う」と地球環境のただならぬ異変が脳裏をよぎった人も少なくなかったはずだ。熱中症で死なないために冷房の温度を下げる。ペットボトルで水分を補給する自販機が雨後のタケノコのように増殖する。それらは電力消費を無際限に増大させるばかりか、熱気をお構いなしに放出し、地球温暖化をますます加速させる。こんな悪循環の中に日本は今やはまり込んでしまっている。

ルイス・キャロルの『鏡の中のアリス』に登場する「赤の女王」は、全速力で走っているのにいっこう前に進まないと訝(いぶか)しがるアリスに向かって、

「そうさ、ここではね、同じところにいようと思うと、お前は全速力で走り続けなくちゃいけないのさ。」

と叫ぶ。

アリスの「鏡の世界」ではすべてが逆さま。自分ではなく、周りの世界が高速で動いている。現代の世の中、アリスの悪夢を誰しもが共有している。猛烈なスピードで変化していく社会・環境、そのメリーゴーランドに乗っていて同じ風景を見続けようとすれば、メリーゴーランドの上で走り続けるしかない。我を忘れて走り続けるうちに息切れがして倒れてしまうか、メリーゴーランドのスピードに追いつけない者は社会的不適応のストレスに晒されて鬱(うつ)になるか。

どこかで、誰かがメリーゴーランドのブレーキを破まなければ、遅かれ早かれ破局は不可避だ。これまでも誰もがそれに気づいていた。しかし、誰かがブレーキを踏んでくれるものと期待しながら、自分では踏めないでいる。そんなことをすればメリーゴーラウンドから転がり落ちてしまうからだ。

今も続く福島原発災害を目の当たりにして、これは私たち人間に対する自然の警告だと受け取らなければ、被災者は浮かばれまい。メリーゴーラウンドの回転軸が焼き切れる前に、「自然」が車軸に砂を撒いたのではあるまいか。

進化生物学者のリー・ヴァン・ヴァーレンが唱えた「赤の女王」仮説というものがある。生物は現状を維持するためには、環境の変化に対応して進化しなければ絶滅する。例えば、捕食者(例えばキツネ)はもし被食者(例えばウサギ)がよりすばやく敵(キツネ)の接近を察知する能力(例えば、耳が長くなる)を獲得すれば、今まで通りに餌を取るためには、より速く走れるように進化しなければならない。

感染症と人間の関係も、互いに走り続けなければならない関係だ。抗生物質が強くなればなるほど、また広範に使用されればされるほど、細菌やウイルスは耐性を強化する方向に進化してゆく。それは際限のない「軍拡競争」みたいなものだ。その競走に負けた種は絶滅してゆく。

現代の「速度=効率=コスト」という一元的な価値を競い合っている国際経済も同様の破滅の道をまっしぐらに突き進んでいるように見える。

ところで、1980年にW.D.ハミルトンがもう一つの「赤の女王」仮説を提出した。それによれば、両性による生殖は、無性生殖よりもコストが掛かるにもかかわらず、絶えず新しい組み合わせの遺伝子型を作ることで、進化速度の速い細菌や寄生者に対抗しているという。

ハミルトンの仮説は、「速度=効率=コスト」に対抗する何よりも有効な手立てとして、「多様性」があることを示唆してはいまいか。それは、多様なものを排除するのではなく、多様なものをできるだけ多く包含する「懐の深い」生命の在り様(世界)に思いを致させるのである。

ここでも、「草いろいろ おのおの花の手柄かな」(芭蕉)の精神が何より大切なのだ。

« 夏の終りに―よき人に逢っての帰り | トップページ | 名にし負わば・・・エノコログサ、ヌスビトハギ、ヘクソカズラ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/53072316

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤の女王」仮説:

« 夏の終りに―よき人に逢っての帰り | トップページ | 名にし負わば・・・エノコログサ、ヌスビトハギ、ヘクソカズラ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ