« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

「赤の女王」仮説

Alice_queen2

今年の夏の異様な猛暑に、「これまでとは違う」と地球環境のただならぬ異変が脳裏をよぎった人も少なくなかったはずだ。熱中症で死なないために冷房の温度を下げる。ペットボトルで水分を補給する自販機が雨後のタケノコのように増殖する。それらは電力消費を無際限に増大させるばかりか、熱気をお構いなしに放出し、地球温暖化をますます加速させる。こんな悪循環の中に日本は今やはまり込んでしまっている。

ルイス・キャロルの『鏡の中のアリス』に登場する「赤の女王」は、全速力で走っているのにいっこう前に進まないと訝(いぶか)しがるアリスに向かって、

「そうさ、ここではね、同じところにいようと思うと、お前は全速力で走り続けなくちゃいけないのさ。」

と叫ぶ。

アリスの「鏡の世界」ではすべてが逆さま。自分ではなく、周りの世界が高速で動いている。現代の世の中、アリスの悪夢を誰しもが共有している。猛烈なスピードで変化していく社会・環境、そのメリーゴーランドに乗っていて同じ風景を見続けようとすれば、メリーゴーランドの上で走り続けるしかない。我を忘れて走り続けるうちに息切れがして倒れてしまうか、メリーゴーランドのスピードに追いつけない者は社会的不適応のストレスに晒されて鬱(うつ)になるか。

どこかで、誰かがメリーゴーランドのブレーキを破まなければ、遅かれ早かれ破局は不可避だ。これまでも誰もがそれに気づいていた。しかし、誰かがブレーキを踏んでくれるものと期待しながら、自分では踏めないでいる。そんなことをすればメリーゴーラウンドから転がり落ちてしまうからだ。

今も続く福島原発災害を目の当たりにして、これは私たち人間に対する自然の警告だと受け取らなければ、被災者は浮かばれまい。メリーゴーラウンドの回転軸が焼き切れる前に、「自然」が車軸に砂を撒いたのではあるまいか。

進化生物学者のリー・ヴァン・ヴァーレンが唱えた「赤の女王」仮説というものがある。生物は現状を維持するためには、環境の変化に対応して進化しなければ絶滅する。例えば、捕食者(例えばキツネ)はもし被食者(例えばウサギ)がよりすばやく敵(キツネ)の接近を察知する能力(例えば、耳が長くなる)を獲得すれば、今まで通りに餌を取るためには、より速く走れるように進化しなければならない。

感染症と人間の関係も、互いに走り続けなければならない関係だ。抗生物質が強くなればなるほど、また広範に使用されればされるほど、細菌やウイルスは耐性を強化する方向に進化してゆく。それは際限のない「軍拡競争」みたいなものだ。その競走に負けた種は絶滅してゆく。

現代の「速度=効率=コスト」という一元的な価値を競い合っている国際経済も同様の破滅の道をまっしぐらに突き進んでいるように見える。

ところで、1980年にW.D.ハミルトンがもう一つの「赤の女王」仮説を提出した。それによれば、両性による生殖は、無性生殖よりもコストが掛かるにもかかわらず、絶えず新しい組み合わせの遺伝子型を作ることで、進化速度の速い細菌や寄生者に対抗しているという。

ハミルトンの仮説は、「速度=効率=コスト」に対抗する何よりも有効な手立てとして、「多様性」があることを示唆してはいまいか。それは、多様なものを排除するのではなく、多様なものをできるだけ多く包含する「懐の深い」生命の在り様(世界)に思いを致させるのである。

ここでも、「草いろいろ おのおの花の手柄かな」(芭蕉)の精神が何より大切なのだ。

2013年8月28日 (水)

夏の終りに―よき人に逢っての帰り

古いカセットテープを整理していたら、タイトルに鉛筆で「よき人に逢っての帰り」と書かれたものが出てきた。私が録音したものではないし、これまで聴いたこともないものだった。その表題の章句に、なぜか心を動かされて、聴いてみた。カウンターテナーと思しき声がじつに静かで素朴で優しい旋律を歌っていた。

さっそくネットで検索してみた。フランス14世紀の作曲家ギョーム・ド・マショーの世俗歌謡。「わが佳き人に逢っての帰りには 心の中に気がかりもなく 悩みとてない。」 そのあとに「神よ これは運命(さだめ)なのです 心よりのまことを尽くして わたしが彼女を愛するのは」というリフレインが来る。「よき人」とは、「佳き女(ひと)」だったのだ。中世ヨーロッパの宮廷のミンネ(高貴な女性へのプラトニックな愛)を歌った曲だった。

一昨日の夕刻、久しぶりに千里川ぞいを歩いた。ピンクと白のアメリカ花芙蓉(はなふよう)が川べりを華やかに彩り、カワセミが水面をかすめるように川すじを一直線に上ったり下ったりしていた。

向こうから歩いてきたご婦人が、私の手のカメラをちらっと見やってにっこり、「カワセミ?さっき、二つ向こうの橋のところを飛んで行きましたよ」と教えて下さった。しばらく行くと今度は犬を連れた奥さんが川下を指差して「あそこの石の上にカワセミ止まっていましたよ。」シャッターを押す手がなまっていて、カワセミの姿をカメラに収めることはできなかったが、「よき人に逢っての帰り」は、何と心弾むものだろう。

20130826_001

2013年8月20日 (火)

飛田「百番」の女

20130817_014

飛田の『百番』で「暑気払い」。『百番』は今も現役の料亭だが、もとは100年も前(大正期)に建てられた遊郭建築で、現存する貴重な歴史文化遺産でもある。建築当初は意匠を凝らした、さぞ絢爛豪華だったはずの広間も、今は無残に老朽化(荒廃)が進んでいる。惜しい。

上の写真は、板戸(襖)に描かれた元禄風の美女の絵だ。顔料がいたるところで剥げ落ちてしまっているが、補修が施された痕跡はまったくない。すべてがこうだ。「歴史文化遺産」に指定しても、保存のための財政的な助成をしない行政への当てつけかしら、と思ってしまう。

美女は男からの文(ふみ)を読みながら、男の真意を値踏みしているかのような表情をしている。とはいえその表情には、もはや「時間の彼方」へと超え出てしまったような静けさがある。

今、手を打たなければこの「歴史文化遺産」も、ほどなく時間の彼方に消えて行きそうだ。

20130817_002

20130817_023

20130817_012

2013年8月 8日 (木)

ツユクサの青

20121029_016

わが家のヴェランダの、「鬱蒼」ではないが「混沌」とした茂み。その葉蔭に隠れるように青い露草の花がのぞいていた。露草の種が買った苗の鉢土に最初から交じっていたものか、あるいは露草の種が8階のヴェランダにまで風に乗って運ばれて生きたものか。青い花に生命の「健気なさ」を感じる。

小学生のころ夏休みの早朝、ラジオ体操に通う道端に、青い花弁に露を宿した露草の花が咲いていた。ゴム草履で草むらに入ると、裸足の指が朝露でびっしょり濡れ、肌のところどころが露草の青に染まった。

2013年8月 7日 (水)

愛の風景―チョウとトンボ

20130603_042

上は今年の6月沖縄で撮ったカバマダラ。最初、大阪近郊でもよく見るツマグロヒョウモンかと思ったが、胴体部分の白斑が鮮やかで、調べてみると奄美以南にいるカバマダラというチョウらしい。

下は、7月に札幌・北大構内で撮ったカワトンボ。これから交尾に入る前段階らしく、上のオスが下のメスの首筋を押さえこんでいるようだが、虐待しているわけではなく、下のメスはこれから胴体を大きく撓め尻尾の末端部分を、オスの胸下にある生殖期にあてがうのである。そうなると、雌雄のアーチ状に撓んだ二つの胴体がハート(♡)の形になる。「粋なはからい」などと考えるのは、人間の手前勝手である。

お断りしておくが、こんな愛の写真を狙って撮っているわけではない。チョウやトンボは、飛んでいるときには、私のごとき素人には撮れないだけのこと。

20130708_003

2013年8月 6日 (火)

貴婦人と一角獣

20130805_006

一昨日は久しぶりの日曜休日。中之島の国立国際美術館で開催中の「貴婦人と一角獣」展に出かけた。パリのクリュニー中世美術館所蔵の名高いタピスリー連作6面の全部が公開されている。40年前と15年前と2度パリで見たタピスリーに再会できて、懐かしかった。

リルケの『マルテの手記』でこのタピスリーの存在をはじめて知ったのは、高校生の頃だった。マルテが「愛の女」と呼ぶアベローネに語りかける、「ここに壁掛けがある。アベローネ、つづれ織りの壁掛けだ。ここにおまえがいる、僕はふとそんな思いにとらわれる。六枚の壁掛け、さあいっしょにゆっくり見て行こう。はじめはちょっとさがって、全部をひと目見渡してごらん、何と静かなのだろうね?」 私が二度もクリュニー美術館を訪れたのは、アベローネに会いたかったからかもしれない。

触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚の「五感」を寓意(アレゴリー)的に表す5面と、「わが唯一の望み」と題された1面。その「わが唯一の望み」を、チラシから採ったのが上の写真。(右上の白い花は「ディプラデニア」、わが家の鉢植えから摘んで、コラージュしてみた。)

美術館は猛暑のせいか訪れる客も少なく、描かれた獣、鳥、木、草花、そして衣装の襞の一つ一つまで丹念にゆっくり鑑賞することができた。西暦1500年ころの制作らしいが、ご覧のとおり、傷みもなく、当時の鮮やかな色彩をとどめていた。

どのタスピリーも、中央に貴婦人と侍女、二人を挟んで左側に獅子、右側に一角獣が配されて、二人が立つ青い絨毯は海に浮かぶ島を思わせる。おそらく「純潔の島」を表象し、貴婦人は聖母マリアに擬せられているのだろう。島には、たわわに実をつけたマツとナラとオレンジとヒイラギが生い育っている。

そして、猿や兎や狐や犬、鷹や鸚鵡などさまざまな鳥、そして100種にも及ぶ草花が陸地だけではなく、空間の全体を、蔽い尽くしている。「千花文様(ミル・フルール)」というらしい。その中に、ナデシコの花を見つけた。貴婦人がナデシコの花環を作っていた。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ