« バード・デイはヒューマン・デイ | トップページ | 友だちの友だちイソヒヨドリ »

2013年2月 1日 (金)

ヒレンジャク騒動・余話

20130201_057

ヒレンジャク騒動の余波が続いている。ヒレンジャクが「わが庭」を訪れたのは1月28日のことだった。今日は2月1日。あの日の夕刻には、ヒレンジャクは南へ去ったと思っていたのが、翌朝ヴェランダ前の木立にまだとどまっていたことはすでに報告した。

そして今日。臨時の休日を利用してまた北緑丘までウオーキング。メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラと、川べりの潅木の茂みは賑やかだ。野球帽をかぶった白ヒゲのおじいちゃんが通りがかりに「何おります?メジロ?メジロはかわいいなあ。人なつっこいなあ。ぎょうさんいるわ、メジロは」と、大きながらがら声で笑う。野鳥たちがいっせいに逃げていった。「おじいちゃんも人なつっこいなあ」と思った。

すると今度は、大きな望遠カメラを提げたおじさんが近づいてきて、「何かおりますか?」「メジロ、ヤマガラ、コゲラ」と私。「ヤマガラ、おりましたか?ヤマガラ、この頃見んようになったな。そこにシロハラ、いましたわ。」と言いながら、おじさん、自分のカメラのモニターを示しながら「これ、シメですかな?お宅がさっき通っていきはったところにいましたわ。」たしかにシメだった。「やられた、残念」と思ったが、口に出しては言わなかった。

そこで私は「3,4日前にヒレンジャクが梨谷池に100羽くらい来てましたわ。」と、さりげなく応戦。「100羽も。そら、すごいわ。さっきそこにヒレンジャクいましたわ。これ」と言っておじさん、モニターを差し出す。鮮やかな体色のヒレンジャクが映っているではないか。「そこの交差点の向こうですわ。」とおじさん。そうなのだ。ヒレンジャクが来ていることは近隣の野鳥好きの間ではもう周知の事実になっていたのだ。私は自分の有頂天を少し恥じたが、まだヒレンジャクが近くにいることが嬉しかった。

自宅の方向に向かっていた足を転じて、川沿いをおじさんの指示に従って下流へと向かった。そして、ヒレンジャクを見つけた。野畑南公園のコナラの高い梢に群がいた。彼らはあまり動かない。ときおり、群の一部が梢と千里川の川原との間をすばやく往還している。その途中、つかの間、川沿いのサクラ並木の枝にとまるものもいる。その瞬間をカメラで捉えることができた。

私があまりにもただならぬ様子でカメラを構えていたからだろう、「何ですか」と通りすがりの何人もの人が訊いていかれた。「ヒレンジャクです。めったに見れない鳥です」と私。多くの人が「よかった。いいもの、見せてもらいました。」と頭を下げていかれる。わがことのように嬉しかった。

20130201_031

下の写真は、ネズミモチの実に群がるヒレンジャク。

20130201_050

« バード・デイはヒューマン・デイ | トップページ | 友だちの友だちイソヒヨドリ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/49106988

この記事へのトラックバック一覧です: ヒレンジャク騒動・余話:

« バード・デイはヒューマン・デイ | トップページ | 友だちの友だちイソヒヨドリ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ