« カメとバン | トップページ | チョウの見ている色の世界 »

2012年11月 8日 (木)

ロベリア・クイーンヴィクトリア(紅沢桔梗)

20121104_014

この目も覚めるような深紅の花は何だろう?パイナップルセージに似ているような気もするが、葉にパイナップルのような匂いはまったくない。それに花の印象、花の形が違う。パイナップルセージではないと、私は結論付けた。それなら何?

背丈が50cm足らず、茎も葉も赤っぽくて、全体に柔(やわ)な感じ。風が吹いて倒れたりするとすぐにしおっとしてしまう。

それにしても鮮烈な赤だ。花屋さんで買い求めたとき、「何という花ですか?」と聞いたが、「わからない」という答え。

しかし、Webで探索していて、ついに出会った!これはロベリア・クイーンヴィクトリア。南アフリカ原産の園芸品種。ロベリアは和名サワギキョウ。サワギキョウハは青、この赤い花はベニサワギキョウというそうだ。

20121104_017_2

« カメとバン | トップページ | チョウの見ている色の世界 »

自然」カテゴリの記事

コメント

先生こんにちは。スイカズラの仲間かと思いましたが、キキョウの仲間なんですね。まだまだ修行が足りませんcatface目が覚めるような鮮やかさです!coldsweats02一つだけのオリーブの実はどうされるのですか?あのまま落っこちてしまうとさびしいですねbearing

めだちゃん、こんばんわ。寒くなりましたね。コメント、ありがとうございます。ロベリアは和名がサワギキョウですが、キキョウの仲間ではないようです。それにしても、この赤さ。まるで自分からこんな赤の装いを選び取ったみたいに、この花の強い意志を感じます。花の色って、ふしぎですね。
ところで私は来週末にはじめて北海道へ行き、札幌で授業です。どんな寒さに出会うのか、楽しみなような、怖いような・・・
たった一粒のオリーブ、はてさてどうしたらいいものやら・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/47715314

この記事へのトラックバック一覧です: ロベリア・クイーンヴィクトリア(紅沢桔梗):

« カメとバン | トップページ | チョウの見ている色の世界 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ