« コスモスとツマグロヒョウモン | トップページ | ディプラデニア(マンデビラ) »

2012年10月14日 (日)

やんちゃでも小鳥はやっぱり元気でいてほしい

ある日の夕方、散歩から戻ってきたら、マンションの入口で犬の散歩から戻ってこられた野鳥仲間の奥様に出会った。「小鳥が道端で死んでいたんですよ。電柱に衝突したんでしょうか?」と悲しげ。「小鳥がまさか電柱にぶつかったりしないでしょう。」

「このあたりであまり見かけない小鳥なんですよ。枯草をかけてきたんですが、ちゃんと埋めてあげようと思っています。その前に見てくれません」と小鳥のお弔いに誘われた。

奥様の手のひらの上のちっちゃな野鳥はうっすらと目を開いたまま、きれいな姿で死んでいた。緑がかった体色はメジロに似ていたが、目のまわりの白い輪がない。スズメでもない。

南へ渡って行く途中、群れからはぐれた迷い鳥で、行き暮れて衰弱死したのだろうか。ウグイスかムシクイか、枝から枝へとすばやく飛び移る姿で見たかった。

20121010_002

そんな思いが残ったままの翌朝、天王寺キャンパスの木立にヒヨドリを見つけた。ヒヨドリは精悍で、鳴き声も大きく、動きも活発。小型鳥を威圧するような振る舞いをしたり、ヴェランダの大切な果樹を狙ったりするので、小憎らしい。しかし、こうやって都会のビルの谷間の乏しい緑の中に見つけると、「精いっぱい元気でいろよ」と励ましたくなった。

« コスモスとツマグロヒョウモン | トップページ | ディプラデニア(マンデビラ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生こんばんは。何の鳥でしょうね。
子供のころ、落ちている鳥をみるとかわいそうでなりませんでした。今は仕方ないと見送りますが、せめて土の上に落ちたらなあと思います。家で飼っているセキセイインコは、やかましくて、ちっとも言うことを聞かず、自由で、ときどき憎らしいのですがgawk、かわいらしい顔ときれいな黄色と緑の羽根には癒されます。私をどう思っているのかわかりませんがhappy02次はスズメになれたらいいなあと思っていますlovely

めだちゃん!お久しぶりです!
3泊4日で東京に出張、昨日の夜遅く帰阪しました。
わが家も以前セキセイインコを飼っていました。迷い鳥で私の部屋に飛び込んできたのです。小さめの段ボール箱に入れて家に持ち帰り、賢そうなのでパスカルという名前をつけて飼いはじめました。やんちゃなインコで、かごから出してやると、その頃はまだ小さかった子どもたちに手を出す(嘴で耳たぶをつついたりする)ので、家中大騒ぎ。インコを出してやる時は、子どもは頭から風呂敷を被って逃げまどっていました。インコは遊んで欲しかったんでしょうね。まあ一種のコミュニケーション遊戯ですね。しかし、だんだん手がつけられなくなって、ついに隣の幼稚園に里子に出しました。
めだちゃんは「次は(ということは次に生まれてくる時は?)スズメになりたいなあ」ということですが、私も次はインド亜大陸あたりまで往ったり来たりできる渡り鳥になりたいなと思っています。
でも、欲も得もない無心のスズメ、それもいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/47425990

この記事へのトラックバック一覧です: やんちゃでも小鳥はやっぱり元気でいてほしい:

« コスモスとツマグロヒョウモン | トップページ | ディプラデニア(マンデビラ) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ