« エゴの木 | トップページ | あふちとスズメ »

2012年5月19日 (土)

桐の花

20120504_041

東京の宿の窓から見た隣家の桐の花。白秋が「桐の花の淡紫色とカステラの暖かみのある黄色がよく調和する」と書いていたが、なるほどと思った。桐の花の薄紫が、洋風建築の破風のカステラ色とさわやかなハーモニーを奏でていた。

ついこの間まで、風にそよいで甘い匂いを漂わせていたアカシアの白い花房もあっという間に消えてしまった。今は池のほとりの花イバラ、街路樹のヤマボウシ、生け垣のクチナシが白い花を咲かせている。あと数日もすれば、ナツツバキの白い花も開くだろう。白い花が明るい日差しにまぶしく映えているのは、初夏らしくていい。

しかし、初夏の陽ざしをやさしく受け止めているような薄紫の木の花が私は好きだ。藤、ライラック、そして桐。

母校の豊中第2中学校の運動場に下りてゆく坂道のかたわらに、桐の大樹があって、初夏には薄紫の花をつけた。体操が苦手の私を見守ってくれているなどとその頃思ったことはなかったが、そうだったのかもしれないと今思う。

« エゴの木 | トップページ | あふちとスズメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/45245408

この記事へのトラックバック一覧です: 桐の花:

« エゴの木 | トップページ | あふちとスズメ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ