« 木を伐るな | トップページ | 安曇野の春 »

2012年5月 4日 (金)

ペルシア猫ならぬオキシペタラム

20120504_001

「オキシペタラム」について書いたのは、今ではもう二年前のこと。千里中央の植木市で初めて見たときには、その不思議な花色に驚いた。朝の空が次第に明けそめてゆくようだと思った。

細い茎がどんどん伸びて自分の重みで倒れてしまう。茎を切るとミルク状の白い濃厚な樹液が滴り落ちる。手のひらにつくと、ねばねばする。いつの間にか厄介者扱いしていた。

この春、タンポポの綿毛のようなものがヴェランダのそこここに付着していることに気がついた。ひょっとすると、ポプラのような高木の花粉が遠くから漂ってきたのかと思っていた。

今朝、オキシペタラムの紡錘形をした種子莢が弾けて中から綿毛がのぞいているのを見つけた。オキシぺタラムはやっぱりひときわ異彩を放つ演出家だ。画像を拡大して見てください。輝く銀の糸のような綿毛がとても美しいですよ。

Photo

« 木を伐るな | トップページ | 安曇野の春 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/45132124

この記事へのトラックバック一覧です: ペルシア猫ならぬオキシペタラム:

« 木を伐るな | トップページ | 安曇野の春 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ