« あふちとスズメ | トップページ | あじさいの鉢植え »

2012年5月25日 (金)

ユリの木の花

20110509_005

20110509_004

ユリの木は高さ60メートルにもなるそうだ。薄緑の若葉の生い茂る高い梢に、こぶし大のユリの花がぽっかりと浮かぶように咲く。その佇まいはまことに「夢まぼろしのごとし」だ。上の2点の写真は昨年の5月に撮ったもの。

今年もユリの花を見に行かなければと、ここしばらく心落ち着かぬ日々を過ごしてきた。22日の火曜日にやっと、千里中央の<ユリノキの花をまじかに見ることができるスポット>を訪れた。ところが、下の写真でご覧のとおり無残に切り詰められ刈り込まれていて、がっかりした。むろん、これではユリの木も花のつけようがない。「なぜ?どうして?」と怨嗟の声を上げずにはいられなかった。

市の公園課にもの申せば、「切らないと迷惑するする人がいるんですよ」ということ答えが返って来るだろう。交通の妨げだ、街路の清掃がたいへんだ、アレルギーの人だっている、等々。しかし、ドイツならカスターニエン(橡の木)、フランスならプラタナスの巨樹の並木の美しさは息を呑むばかりだ。それらの並木は街に生きる人々の誇りであり、生きる糧だ。

芽を吹き、緑葉を茂らせ、花をつけ、実を結び、やがて黄(紅)葉し、冬枯れの枝を寒風に晒す。そうした生命のサイクルを繰り返しながら木々は大きく育ってゆく。何年も、何十年も、ときには何百年もかけて。身のまわりの木々のそうした生命の営みを見ながら、木々と語らいながら、私たちは人生の年輪を刻んでゆくのだ。

木々は私たちを見守り育ててくれた「育ての親」なのだ。「木を伐るな」ともう一度言いたい。

20120520_006

« あふちとスズメ | トップページ | あじさいの鉢植え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ご無沙汰をしておりますhappy01樹木の花がたのしい季節になりました。先日、箕面のキャンパスに花を見に行ったら、敷地の隅にあって目立たない、とんでもなく背の高いユリノキが花を咲かせていましたlovely眺める人もまばらなこの樹は、ひっそりと、ひたすら背を伸ばしているようでした。長い時間を過ごしてきた木や草花を、切り取るのは簡単ですよね。新しい建物ができると、ときどき、あっと声をあげずにはいられないことがあります。木や草も物ではないのに。もっと身近な生き物に愛情をもつように、これからの子供たちをみなで育ててほしいと思っていますconfident

めだちゃん、お久しぶりです。
おっしゃるとおりですね。自然は時々、私たち人間に牙をむきますが、それも自然の大いなる循環の一コマ。自然の知恵は私たち人間の浅知恵を超えていることを、しっかりと心にとめて、それを子どもたちにも伝えたいですね。
龍ちゃんも元気にしていますか。もう大きくなったことでしょう!
またお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/45326555

この記事へのトラックバック一覧です: ユリの木の花:

« あふちとスズメ | トップページ | あじさいの鉢植え »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ