« ツバキの花いろいろ | トップページ | ノシラン―ウルトラマリンブルーの珠 »

2012年2月22日 (水)

化石木(メタセコイア)

20120220_017

昨日2月20日(月)、自彊術教室の始まる前にいつものように千里中央の長谷池に足を伸ばした。メタセコイアの冬木立の上に抜けるような青空が広がっていた。30メートルはあろうかという高木。まるで槍のように、あるいはゴシックの尖塔のようにまっしぐらに天の高みをめざして伸び上がっている。

大学時代に仲間と語らって『化石木(メタセコイア)』という同人誌を作っていたことがあった。どうして『メタセコイア』という誌名にしたのだろう。植物事典に拠ると「本種は300万年前に地球上から死滅したと考えられていたが、1945年に中国四川省の奥地で生木が発見され、『生ける化石』と呼ばれた。日本には1949年に苗木が入ってきて、急速に広まった」らしい。私の大学時代は1960年代の半ばだから、当時まだメタセコイアの木は新鮮な驚きで見られていた、そんな記憶がある。

同人たちは<モダン>を気取っていたのか、あるいは<化石人>と自嘲していたのか。いずれにしても、若かった。まっすぐに大空に向かって伸び急ぐメタセコイアの木も、始原のエネルギーを漲らせて、若い。

« ツバキの花いろいろ | トップページ | ノシラン―ウルトラマリンブルーの珠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/44205626

この記事へのトラックバック一覧です: 化石木(メタセコイア):

« ツバキの花いろいろ | トップページ | ノシラン―ウルトラマリンブルーの珠 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ