« 宮山の森と春日神社 | トップページ | カワラヒワ »

2012年1月14日 (土)

ロウバイの匂い

20120114_013

今はモノレールの駅名にもなっている「少路」地区は、10年前に再開発が終わって中高層のマンションが立ちならぶ住宅地。私の住むマンションも少路地区の一劃を占めている。

しかし、私が桜井谷小学校に通っていた昭和20年代から30年代の初めは、旧桜井谷村の一集落。その少路集落を通り抜け、千里川に架かる小さな木橋を渡ると、そこはもう鬱蒼とした島熊山の山中、桜井谷小学校の校区のいわば「奥座敷」という感じだった。

同じクラスの坂本君は少路の在。農家の子で、小柄できかん気な腕白だったと記憶している。その坂本君(なぜなら、表札に彼の名前が書かれている)の家の庭に、いまロウバイの花が満開だ。

年明けのこの時期、ロウバイの花の匂いがいちばん早く「近づく春」の訪れを感じさせてくれる。もうここ20年くらい、この季節には必ず坂本君の家のそばを通って、庭のロウバイの匂いを胸いっぱいに吸い込むことにしている。そして、ときどき1,2輪の花をもらって、ポケットに忍ばせて帰る。そんな現場を見つけたら、坂本君は怒鳴るだろうか?

家に戻ると、手のひらにのせて、時のたつのを忘れていつまでも匂ったり眺めたりしている。そんなときふと「坂本君は今はどんなふうに変わっているのかな・・・」と思う。小学校卒業以来、一度もあったことのない坂本君である。

« 宮山の森と春日神社 | トップページ | カワラヒワ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/43743764

この記事へのトラックバック一覧です: ロウバイの匂い:

« 宮山の森と春日神社 | トップページ | カワラヒワ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ