« ロウバイの匂い | トップページ | Hさん、ごめんなさい。 »

2012年1月15日 (日)

カワラヒワ

20120114_004

この冬は勤めがあって、バードウォチングは思うに任せない。たまに出かけてもなかなか野鳥に出会えない。ちょっとさびしい今年の冬である。こちらの時間が減ったのに、野鳥の数が減ったように思うのは、例によって勝手な思い込みだろう。

昨日、曇り空の冬日。千里川沿いを牧落のパン工房<アビアント>まで歩いて出かけた。野鳥たちは明るい日射しが好きだから、今日は仕方がないかと諦めかけたとき、川上から川下へと「上水田橋」の下を水面すれすれに潜り抜けて飛び去った鳥がいた。あの速さ、一直線の飛跡、カワセミに違いないと思って、急いで川下へと戻ったが、カワセミの姿はもうどこにもなかった。あるいは幻影か。

千里川を離れて「稲公園」に入ったところで、ニレの高い梢にカワラヒワがいた。「こんなところにいたのかい、ヒワ君」とまるで旧知に再会したかのように、思わず顔がほころびた。

カワラヒワはニレの実が好きらしい。太いくちばしの縁に、ニレの実の莢(さや)をいつもくっつけている。人間で言うと、ビールの泡を口のまわりにくっつっけているお行儀の悪い酔っ払いみたいなものだが、カワラヒワ君についてはご愛敬と言っておこう。

« ロウバイの匂い | トップページ | Hさん、ごめんなさい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日、わが家の庭には(たぶん)メジロがいました〜wink
ひょっとすると、うぐいす?!と思いました(ほっそりしてたので)が、
まあ、違うでしょうね。
ウグイスはそんなに簡単に人の近くには来ない気がします。

宮山の森からは動物も来ますよ。
だいたい「イタチ」ですね〜(黄金色の)タヌキは最近は見てないです。
イタチ、まあ、すンごいイタズラ坊主coldsweats01
ヘビさえ来なければOKのおじゃままですがcrying

こんばんわ、おじゃままさん。
ウグイスはたしかに声はすれども姿は見えず、ということが多いですよね。
私もウグイスだと思い込んでいるのが、ほんとうにウグイスかどうか自信がありません。よく似た鳥に、ムシクイというのもいるんです。

黄金色の狸!ですか。それは見てみたいですね。
もう一月もすれば、次々といろんな花が咲きます。楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/43744408

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ:

« ロウバイの匂い | トップページ | Hさん、ごめんなさい。 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ