« 大きな柿の実とスズメ | トップページ | 長谷池の遊歩道 »

2011年12月12日 (月)

堂島川の夕景

20111211_004

昨日の午後リーガ・ロイヤル・ホテルでパーティーがあり、帰りに北浜まで歩いた。日曜日とあって人通りもまばらな堂島川ぞいの遊歩道。高層ビルの壁面は西陽に赤く輝いているが、川面には早や薄闇が垂れ込めていた。

私は自然派を自称し里山の風景が好きだが、都会の、定規を当てて鋭く引いた線が直交する無機的な風景も嫌いではない。そこに人の姿がなければもっといい。

小学校の5,6年生の頃に友だちから借りて読んだ手塚治虫の漫画の一場面、月からの迎えで地球を去って行く「月世界のプリンセス」が悲しみのあまりロケットから身を投げる、その地上の索漠とした無機的な風景が忘れられない。おおよそ60年も昔に見たその風景、ただ一度だけ見たその風景が、以来おりにふれて繰りかえし私の脳裏に浮かび、切なさで心を満たすのである。

私は書店に行くと手塚治虫の漫画が配架されたコーナーにときおり行って、表題もわからないその漫画を探す。ここ20年ばかりずっとそうだ。いまだに再会を果たすことができないでいる。会いたいと思いつつ、会うのが怖いとも思う。いやいや、じつは会いたくないのかもしれない。心の奥にしまいこまれた風景は、外気に触れたとたんに風化してしまいそうな気がする。

しかし、堂島川の夕景に向かって私にカメラのシャッターを押させたものは、手塚漫画の遠い記憶だったにちがいない。

« 大きな柿の実とスズメ | トップページ | 長谷池の遊歩道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/43353240

この記事へのトラックバック一覧です: 堂島川の夕景:

« 大きな柿の実とスズメ | トップページ | 長谷池の遊歩道 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ