« 幕張のカワラヒワ | トップページ | こんなに美しい鳥たち »

2011年12月18日 (日)

二上山とゲーテ草

20111210_004

冬の朝、地上に垂れ込めた靄の向こうに寄り添う二つ背のシルエットを浮かべているのは二上山。少路駅を出たモノレールの窓から撮った風景。

出勤日には毎朝少路駅7時40分発のモノレールに乗る。南側のドアの前に立つ。大阪都心の摩天楼が、朝日を受けてきらきら輝いている。その摩天楼の向こうに山並みが見える。右は金剛山系、左は生駒山系。

二つの山系の谷間に、二上山が見えることに気がついたのは夏ごろのことだ。千里中央まで車窓に立ち並ぶマンションの蔭から二上山が出たり入ったりする。体を車両の揺れに任せ、心を二上山の上に漂わせる。ほんの数分間のくつろぎ。

センターの執務室に入ると、ほとんど同じ角度から二上山を望むことができる。空気が澄んでいるときは、麓の紅葉まで見える。窓辺に置かれているのは、センターのグリーン・サークルからプレゼントされたゲーテ草(セイロンベンケイソウ)だ。

二上山にゲーテ草、似合わなくはない。

20111209_003

« 幕張のカワラヒワ | トップページ | こんなに美しい鳥たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/43329505

この記事へのトラックバック一覧です: 二上山とゲーテ草:

« 幕張のカワラヒワ | トップページ | こんなに美しい鳥たち »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ