« ヨシガモ | トップページ | サギのコロニー »

2011年12月 4日 (日)

紅葉「狩り」

20111129_015

先日勤めの休日に箕面へ紅葉を見に出かけた。毎年11月の末か12月の初め頃、紅葉を見に箕面の山に登るのが年中行事の一つになっている。今年の紅葉は、今はまだピークとはいかず、全体として鮮やかさが足りないような気がした。

「紅葉狩り」ということばがある。ずいぶん昔、学生のころ国文学の先生に『伊勢物語』に出てくる「交野の桜狩り」のお話を伺った。交野は奈良時代、平安時代には皇室の御猟場(禁野)で、「桜狩」とか「紅葉狩」ということばは、もともと桜や紅葉の季節に行う狩り(鷹狩)のことだったと教わった。

しかし、すでに万葉の頃から桜や紅葉を愛でることが日本人の美意識に広く深く根づいていたことは万葉集に収めらた歌からわかる。「桜狩」とか「紅葉狩」ということばは、実際の「狩り」とはほとんど無関係で、ことばの「雅び」を愛でるだけのものになっていたような気がする。「狩衣(かりぎぬ)」が平安貴族のファッションとして流行り、いつの間にか下位の貴族、武家の正装になったのと似ている。

今日ではむしろ「狩り」ということばには、どこか禍々しさが潜んでいて、「紅葉狩り」などと言いたくないような気がするのは、私だけだろうか。「赤狩り」などということばは今では死語だが、追い立てられ、狩られるものの痛みの方が先に来る。せいぜい「潮干狩り」「いちご狩り」「ぶどう狩り」くらいにしておきたいものだ。

20111129_028

« ヨシガモ | トップページ | サギのコロニー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/43191315

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉「狩り」:

« ヨシガモ | トップページ | サギのコロニー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ