« 明日香を歩く(3) ― 亀石 | トップページ | アサガオ ヒルガオ ヨルガオ »

2011年10月11日 (火)

ノブドウの実が色づく頃

Dscn8663

テニス・コートのフェンスの金網にノブドウの蔓が絡みついていたりする。通り過ぎる人は誰も目もくれない。実を結ぶ前には花が咲いたはずだが、花が咲いていた記憶もない。それくらいありきたりの、むしろ厄介者扱いの雑草だったものが、実が色づき始める季節になると、ハッとするほど美しく輝き始める。直径5ミリから7ミリくらいの緑白色、赤紫、濃紫、青、紺と色とりどりの実がまるでネックレスのように並んでいる。

この季節、とりどりに色づいたノブドウの実と出会うのが散歩の楽しみのひとつになる。同じ仲間のヤマブドウは秋の季語として歳時記の中に確固とした場所を占めているが、ノブドウはどうも隅の方で遠慮がちなのはなぜだろう。

  野葡萄や埃かかりて町はずれ(銀栄子)

« 明日香を歩く(3) ― 亀石 | トップページ | アサガオ ヒルガオ ヨルガオ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/42239550

この記事へのトラックバック一覧です: ノブドウの実が色づく頃:

« 明日香を歩く(3) ― 亀石 | トップページ | アサガオ ヒルガオ ヨルガオ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ