« チョウかガか? ー ヒメアカタテハ | トップページ | 明日香を歩く(2) ー ヒガンバナ »

2011年10月 8日 (土)

明日香を 歩く(1) ― 棚田

Dscn8711

10月6日、明日香を歩いた。正午に近鉄飛鳥駅を出発、バスで石舞台まで行き、そこから稲淵へ。さわやかな秋日和。稲淵の棚田は金色に染まって、真っ青な空に映え、棚田の畦を(やや盛りを過ぎた)ヒガンバナが赤く縁取っている。

柿も栗も実りの時期を迎え、道端のコスモスや萩の花のまわりを何匹ものモンキチョウが飛び回っている。子どもの頃見慣れた、そして今は記憶の彼方に遠ざかっていた農村の風景が目の前に広がっているのが嬉しくて、疲れも忘れてひたすら歩いた。

棚田の傾斜を登って祝戸のミハ山の頂上から明日香と大和盆地の風景を見た。(上の写真、中央は耳成山、その右は香久山、耳成山の手前は甘樫の岡。)

山を下りてから飛鳥川沿いの山蔭の道を橘寺へ。亀石、鬼の俎板・雪隠、そして高松塚古墳の脇を通って夕刻に再び飛鳥駅に戻った。陽が西に傾き始め、かすかに冷気が忍び寄ってきた。途中で拾った栗の実二つと、無人の棚に並べられていた100円のアケビ2パックがずしりと重かった。

Dscn8718

« チョウかガか? ー ヒメアカタテハ | トップページ | 明日香を歩く(2) ー ヒガンバナ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/42346200

この記事へのトラックバック一覧です: 明日香を 歩く(1) ― 棚田:

« チョウかガか? ー ヒメアカタテハ | トップページ | 明日香を歩く(2) ー ヒガンバナ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ