« ゴーヤの花 | トップページ | サルスベリの白 »

2011年8月28日 (日)

コダカラベンケイソウ

Dscn1156

ゲーテは今から262年前の今日8月28日、ドイツのフランクフルトに生まれた。上の写真はゲーテがことのほか喜びそうな写真だ。彼は友人からもらったセイロンベンケイソウの苗を大切に栽培し、その葉を多くの人に配った。セイロンベンケイソウには「ゲーテ草」の名もある。

ベンケイソウは葉の縁から芽を出す。無性生殖、クローンで増殖する。ゲーテは、植物のすべての部分は「葉」が変化したものという仮説を立てていた。ベンケイソウは自分の仮説が目に見える形で出現したように思ったのだ。

もう10年以上も前、学会の帰りに那覇空港で「愛愛草」と称する数葉の葉を買った。それが件の「ゲーテ草」だと判ったときは嬉しかった。葉の縁から出た芽が見る見るうちに大きく育ってたくさんの葉をつけた。その葉が次々と人手に渡って、「大きくなりましたよ」「花が咲きましたよ」と嬉しい報告をたくさんもらった。

私の手元の原種は冬の寒さで絶えてしまった。繁殖力の強さに、油断してしまったのだ。

写真の植物はベンケイソウの一種でコダカラ(子宝)ベンケイソウというらしい。これはJR天王寺駅の北の悲田院町の路地で見つけた。育て主さんに向かって「ゲーテ草」のことなどさりげなく呟いてみた気がする。びっくりされるか、叱られるか、怪訝そうに見返されるか、ちょっとわくわくする。

写真をクリックして拡大してご覧いただくとわかるが、右端の芽の子葉にはすでに孫葉がついている。すごい!

« ゴーヤの花 | トップページ | サルスベリの白 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/41390729

この記事へのトラックバック一覧です: コダカラベンケイソウ:

« ゴーヤの花 | トップページ | サルスベリの白 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ