« 放射線と感染症 | トップページ | 梨谷池のチョウトンボ »

2011年7月26日 (火)

トルコ映画 『蜂蜜』

バケツに張った水に満月がくっきりと映っている。主人公の6歳の少年ユフスが水の中にそっと手を差し入れて満月をすくい取ろうとする。水が揺れて、月が粉々に砕けちる。揺れが静まって光がふたたび月のかたちを作るまで、じーっと待つユフス。また手を差し入れる。光がまた散乱する。ユスフは顔をバケツの水の中にそっと浸す。異界と一つになろうとするかのように。

トルコの黒海沿岸の山岳地方。高い山と深い森の連なり。霧が谷を蔽っている。わずかに開けた土地には色とりどりの野の花。さまざまな鳥の声。雨の音。風の音。せせらぎの音。乾燥地を予想していたトルコに、こんな湿潤で濃密な自然が息づいていることに驚いた。

養蜂家の父、茶畑で働く母。寡黙な両親は、吃音のあるユフスを気遣っている。養蜂の作業を見たり手伝ったりするうちに、自然という回路を通して父親の内面深くに入りこんでゆくユフス。好きな父にだけは、ユフスの口からなめらかに言葉が出た。

110406honey_large1

ある日、採蜜の作業に出た父はそのまま消息を絶った。父の姿を求めて作業小屋に入ったユフスは、父が自分のために長い時間をかけて作ってくれていた木製の帆船模型が、棚の上に出来上がって置かれているのを見出した。

静かな映画だ。ディテールが濃やかで美しい。父の事故死の知らせが届いた日、ユフスは薄闇に閉ざされた深い森の中をさまい、巨樹の根方のくぼみに根に抱かれるように身を横たえた。

« 放射線と感染症 | トップページ | 梨谷池のチョウトンボ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トルコのは見たことない。ずいぶん前になるのですが、「友達のうちはどこ」という、たぶんイランの監督の映画を見て、それ以来、その監督の作品を追ってみた覚えがあります。
最近は映画館で見るのは「ドラえもん」くらいで。。。coldsweats01

もぐらさんの文章を読んでいるだけで、情景が目に見えます。。。

トルコは今わたしがいちばん行ってみたい国かもしれません。古代神話の世界が今も息づいているような気がするからです。それに、ハチミツとヨーグルトをふんだんに使ったトルコ料理。不思議いっぱいの国ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/40961210

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ映画 『蜂蜜』:

« 放射線と感染症 | トップページ | 梨谷池のチョウトンボ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ