« これがジャカランダの花です | トップページ | チョウトンボ »

2011年7月22日 (金)

露草の青

Dscn3654

露草の明るい青は、他のどんな花の青でもない。露草もスミレもブルーベリーも紫陽花も、青系の花色はみなアセトシアニンという色素の演出によるものらしい。しかし、どの花もかたくななまでに自分独自の青を守り続けている。そんなふうにして、ひたむきに小さな植物が大きな宇宙を支えている。

子どものころ、花びらや木の実、草の実で「色染め遊び」をよくしたものだった。女児たちはホウセンカ(鳳仙花)の花びらを揉んで爪を染めていた。今でいうマニキュア。露草と朝顔の青はとりわけ魅力的な染料だった。しかし、その鮮やかな青をそのまま写し取ることはできなかった。

「露草」は「着き草」の転音で、万葉集では「月草」の名で歌われているそうだ。摺り染めに用いられたらしいが、すぐに色あせる。「月草」は「移(うつ)ろふ」「消(け)ぬ」の枕詞とされる。

「朝(あした)咲き 夕(ゆふべ)は消(け)ぬる月草の    消(け)ぬべき恋もわれはするかも」(万葉集)

« これがジャカランダの花です | トップページ | チョウトンボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/40874967

この記事へのトラックバック一覧です: 露草の青:

« これがジャカランダの花です | トップページ | チョウトンボ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ