« 卯の花にアゲハチョウ | トップページ | 住吉大社御田植神事 »

2011年6月22日 (水)

ナツツバキ

Dscn8178

路傍の花や樹や草に「行ってきます」「ただいま」と挨拶を送るだけの日々になった。道でも電車でもたいてい同じ人と顔を合わせるが、「ああ今日もお元気ですね」と心の中で言っている。きっと、その人も心のなかでそう呟いているに違いない。

この季節、とても愛らしい笑顔で微笑んでくれるのが、ナツツバキの花だ。繊細で可憐。白い絹地のように薄い花弁の縁は、布地がほつけたように細やかな切れ込みが入っている。

黄色の雄蕊(おしべ)から落ちた花粉が花弁を黄色く染めているのは、お化粧を習い始めた少女のようだ。それに、まるでえくぼのように花弁のくぼみが赤く染まっているのも初々しげだ。

「それでは行ってきます」と今日もナツツバキの花に挨拶して出勤した。

« 卯の花にアゲハチョウ | トップページ | 住吉大社御田植神事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/40473545

この記事へのトラックバック一覧です: ナツツバキ:

« 卯の花にアゲハチョウ | トップページ | 住吉大社御田植神事 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ