« 北の大地に花咲け! | トップページ | この空を飛べたら »

2011年3月24日 (木)

『平家物語』ふうに

天満橋の大手前病院まで健康診断の結果を受け取りに行った。診断書に右耳が「軽度の難聴」と記載されていた。ここ二三年何となく聞き取りにくさを感じていたから「ひょっとしたら」と思ってはいたが、文字でそう書かれてみると苦い味が残った。

帰りに千里東町公園の長谷池でしばしヨシガモを眺めていた。ヨシガモは「愛(を)し鴨」の転音とか。頭部の明るい茶と頬からうなじにかけてのエメラルドグリーンが美しい。尾羽が柳の葉のようにゆるやかなカーブを描いて垂れ、その下にベージュの風切羽が覗いている。

Dscn7635

滑るように移動し向きを変えるその身ごなしが流麗で、名状しがたい気品を漂わせている。

Dscn7704

気を取り直して箕面行のバスで千里川が171号線と交差する「芝西」で降り、千里川ぞいを下った。北緑丘の上水田橋辺りで「ツィツィー、ツィツィー」と高音の澄んだ囀(さえず)りが聞こえた。見上げると高い梢にシジュウカラがいた。「聴くべき程のものは聴きつ。今は何を期(ご)すべき」というのはいささか大袈裟だが、ずいぶんと気が楽になった。

Dscn7715

今日のブログは何だか『平家物語』ふうになったかな?

« 北の大地に花咲け! | トップページ | この空を飛べたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は中学校くらいから、右耳に「雑音」があり、部分的に難聴です…
じつは多いんですよ〜今井美樹もそうだし、伊達公子さん(だったかな?とにかく女子のテニスプレーヤーでしたが)も雑音のある難聴…
私の場合は原因不明で、常にある種の高音域の音が耳の中で鳴っているので、「静けさ」がわからないんです…。
私の感覚では、蝉かコオロギの鳴き声がそっくり…coldsweats01
意外と多いものです。
そしてそして、最近は私も「高い音」が聞き取りにくいのを実感してます。玄関の「ピンポ〜ンnote」が聞こえません。子供が教えてくれますhappy02

身近に「お仲間」がいてほっとしています。
それに世の中、聞く必要のない音、聞いても仕方がない音、聞きたくない音ばかりが増えていますものね。家族からは「勝手耳」と言われています。それでいいのかも・・・
それにしても、今日も寒いですね。どうぞ、風邪にお気をつけ下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/39341239

この記事へのトラックバック一覧です: 『平家物語』ふうに:

« 北の大地に花咲け! | トップページ | この空を飛べたら »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ