« アオサギ幻想 | トップページ | 石楠花(シャクナゲ) »

2011年3月 2日 (水)

恋の予感

おじゃままさんからアオサギのくちばしは繁殖期にはピンク色を帯びると教えていただいた。そして昨日の午後、雨が上がったので北緑丘まで散歩すると、早くも黄昏(たそが)れ始めた千里川にアオサギがいた。アオサギのまわりにはいつものほっとするような静謐が漂っていた。見ると、確かにくちばしが心もち赤みを帯びている。この静かな鳥にも<生命のざわめく時>が訪れようとしているのだ。

アオサギは彫像のようにほとんど動かない。歩くときには抜き足差し足だから、足もとにはほとんど波紋も立たない。アオサギが踏んでいるのは水面にくっきりと映った自身の影である。いつもおのが孤影と語らっているアオサギだが、彼にもよき恋の訪れを!

Dscn7519

« アオサギ幻想 | トップページ | 石楠花(シャクナゲ) »

自然」カテゴリの記事

コメント

このアオサギさんは、「鷺らしい」かんじですね〜
レースのような羽がとても綺麗ですね。
人が見ると、凛と佇んでいるように感じますが、
きっと獲物を狙っているんでしょうね(笑)

コサギやダイサギがしきりに首を伸ばして餌を探すのに、アオサギは彫像か立木のようにじーっと動かないでいます。近寄ってくる魚を待ち受けているんでしょうね。「来ないなら来るまで待とう」という家康ばりの戦略でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/39073416

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の予感:

« アオサギ幻想 | トップページ | 石楠花(シャクナゲ) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ