« 服部緑地公園 | トップページ | カワセミ日和 »

2011年2月14日 (月)

イソシギ

千里川(北緑丘)で、遠目にはツグミかシロハラのように見える中型鳥がいた。メモでも取るようなつもりでカメラを向けた。PCのモニター画面で見ると、{あれれ、違う。」 さっそく野鳥図鑑で調べてみる。どうも「イソシギ」らしい。

日本全国どこにでもいて、必ずしも磯に棲むわけではなく、川岸や湖岸に巣を作ると書かれていた。身近な鳥らしい。それにしては、私ははじめて見た。というより、はじめて気づいた。たぶん「見えていて見えず」だったのだろう。

「イソシギ」という名前がいい。身体の奥の方で共鳴するものがある。お腹の純白が美しい。何だか、すごい拾い物をしたような気分だ。

Dscn7212

« 服部緑地公園 | トップページ | カワセミ日和 »

自然」カテゴリの記事

コメント

えっっっ…海の鳥じゃなかったんですね…coldsweats01
それにしてもかわいい…探し物をしている様子がよく分かります。

道ゆくバードウポッチャーさんに訊いたら、この界隈では「イソシギ」、やっぱり珍しいそうです。それにしても、身近に本当にいろいろな生き物がいるものですね。
おじゃままさんの森ではミミズクやフクロウは見かけないですか?むかし、宮山の森から聞こえてきたフクロウの「ホーホー」という声がなつかしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/38867347

この記事へのトラックバック一覧です: イソシギ:

« 服部緑地公園 | トップページ | カワセミ日和 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ