« 冬木立 | トップページ | 京都府立植物園にて »

2011年1月30日 (日)

「昨日の今日」という不思議

所用で千里中央に出たついでに、千里阪急ホテル裏の東町公園を少し歩いてみようと思った。というのも、昨日『千里タイムズ』という地域新聞で万博公園のカケスの記事を見たからだ。セルシー脇の陸橋を渡って左手にすぐに、きれいに整備された、木立と竹薮に囲まれた小さな池(長谷池)がある。都心の真ん中とは思えないほど静かだ。

その池を廻る遊歩道を歩き始めた途端。前方6~7メートルのところに青い鳥の姿が見えた。「カケスかな」と思った。そして「まさか」と思った。「昨日の今日」のことだったから。

Dscn6716

背中のブルーとお腹のオレンジの対比が鮮やかで、小柄な体にとびきり大きな目がかわいい。カメラに収めて、わくわくしながら帰ってきた。鳥類図鑑で調べると、カケスではなくルリビタキだった。ルリビタキも私にとってはながらく「まぼろしの鳥」だった。カケスに曳(ひ)かれてルリビタキと会う。「昨日の今日」という不思議を思わずにはいられなかった。

« 冬木立 | トップページ | 京都府立植物園にて »

自然」カテゴリの記事

コメント

かわいいですね〜heart04
見返り美人図ですね(雄だったりして…)
ジョウビタキはよくいますが、
ルリビタキはちょっと珍しいですね。
カケスは見たことがないような…。
見つかるといいですね〜

おおせのとおり、ルリビタキの雄です。メスは頭から背中にかけて、もう少しモスグリーンに近い色のようです。
野鳥にばかり目を向けていると、テレビに登場する顔が、モズだったり、ヒヨドリだったりして、自分でも笑ってしまいます。
白梅が咲き始めましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/38658043

この記事へのトラックバック一覧です: 「昨日の今日」という不思議:

« 冬木立 | トップページ | 京都府立植物園にて »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ