« たくましい野鳥たち | トップページ | 「昨日の今日」という不思議 »

2011年1月28日 (金)

冬木立

厳しい寒さが続いている。とはいえ、一月も末になって日一日と日脚が長くなってきた。「春遠からじ」だ。午後遅い散歩に出る。日が西に傾くころ茜(あかね)色の空に冬木立のシルエットが美しい。冬木立の透明感が好きだ。

Dscn6335

昼間にぎやかにさえずりながら飛び回っていた小鳥たちも、ねぐらに帰る前のひととき、高い梢で西の空を見入っているようだった。

Dscn6349

« たくましい野鳥たち | トップページ | 「昨日の今日」という不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらくごぶさたしておりましたが、
いろいろとあったようですね〜
冬木立、というと、やっぱり、パリ〜かな?
(佐伯祐三の?)
鳥インフルエンザ、怖いですね!
見ているだけなら、大丈夫でしょう!
わが家では、ヒヨドリが害をなしました。
いろいろ食べられまして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/38520047

この記事へのトラックバック一覧です: 冬木立:

« たくましい野鳥たち | トップページ | 「昨日の今日」という不思議 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ