« 雨上がりの朝 | トップページ | 本道を踏み外して »

2010年12月18日 (土)

群れとテリトリー

第十四中学校の校庭の北東隅は、(今年は?)イカルのテリトリーらしい。20羽近い大きな群れで、カエデ、サクラ、クスの木の間を行きつ戻りつしている。たいてい梢の高いところにとまって木の実をついばんでいるので、胸元と腹部、そして太い黄色の嘴ばかりが目についていた。しかし、今日は群ごと地上に下りて立って採餌する場面に出くわした。おかげで白とブルーの風切り羽がくっきりと見えた。(画像をクリックすると拡大して見られます。)

Dscn5788

その近くのピラカンサの茂みには、ツグミが4から5羽の群れで赤い実をついばんでいた。今年はピラカンサの実が少ない。猛暑のせいで、夏に蛾が大発生、花をまるごと食べ尽くされてしまったからだ。ツグミ、ヒヨドリなどの中型鳥が幅を利かせていると、エナガやシジュウカラなどの小型鳥は近づきにくいみたいだ。心なしか、去年より小型鳥の姿が少ないようで、ちょっとさびしい。

Dscn5794

« 雨上がりの朝 | トップページ | 本道を踏み外して »

自然」カテゴリの記事

コメント

わー・・・イカル、いっぱいいますね?
こんなにいっぱい居るのに知らないんですね〜
今度から注意して見てみます。
赤い実はこの時期、狙われやすいですね。
わが家のナンテンもよく狙われています。
もうすぐ、なくなるでしょうcrying

わが家では金柑の実をヒヨドリが狙うので、家内が早々に収穫してしまいます。といっても、20個くらいですが・・・とはいえ、自家産の金柑はまだ青くても甘い。金柑が甘いのか、点数が甘いのか?自家産だとレモンも甘いですものね。
宮山の森にもイカル、きっといますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/38126645

この記事へのトラックバック一覧です: 群れとテリトリー:

« 雨上がりの朝 | トップページ | 本道を踏み外して »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ