« カワセミ | トップページ | いつもの小道で »

2010年11月23日 (火)

もみじとメジロ

先週の土日の2日間、放送大学で連続8コマの講義を何とか乗り切った。といっても、「乗り切った」と思っているのは、たぶん当方だけ。聴講生諸君はさぞくたびれたことだろう。

今日は、久しぶりにのんびりと紅葉を見るために箕面に出かけた。聖天閣(西江寺)から箕面山荘「風の杜」まで急坂を登り、ドライヴウエイをかすめて、地獄谷から滝道まで下りて来る、約5キロばかりのいつものコース。このコースのハイライトとも言うべき地獄谷は日陰道で薄暗く、気温が低いせいか紅葉のピークはあと一週間という感じだった。(*「気温が低いせいか」と書いたが、気温が低いと紅葉が進むはずだとあとで気がついた。やはり、陽ざしの少ないせいだろう。)

それにしても、楓の巨木が山峡に描き出す色彩のグラデーションは、まことに壮大な交響曲を聴いているような気がする。

西江寺の境内で赤く色づいたモミジの枝に戯れるメジロを見つけた。

Dscn5183_2

« カワセミ | トップページ | いつもの小道で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/37792367

この記事へのトラックバック一覧です: もみじとメジロ:

« カワセミ | トップページ | いつもの小道で »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ