« ヤマガラ | トップページ | 風景の切れ端 »

2010年11月26日 (金)

カワウの手引きでカワセミに会う

市立図書館へ行こうとして千里川の岸を歩いていくと、水面に潜望鏡のように首だけ出して泳いでいたカワウがすぅーっと水に潜った。カワウはかなりの距離を潜ったまま進む。6、7秒もしてから、やおら思わぬ場所に浮かび上がる。「今度はどこから顔を出すのかな」とついつい「釣られて(?)」、川面に見入ってしまった。

と、パシッと水をたたく音がした。「カワセミだ」と思った。川に突き出した潅木の枝先に止まったカワセミが目に入った。カメラを向けた瞬間、カワセミがもう一度ダイビングした。目にもとまらぬ早業で、くちばしにフナらしい魚をくわえて、元の枝に戻った。大急ぎでシャッターを切った。もう一度シャッターを切ろうとしたら、大きなフナはすでにカワセミのお腹に吸い込まれるように消えていた。カワセミはしばし止まった枝先から動かなかった。存分にシャッターを切ったあと、カワセミをその場に残したまま図書館に向かった。

カワウの姿はもうどこにもなかった。カワウがいなければ、カワセミに気づくことはなかっただろう。いつもは出会ってもあまり嬉しくないカワウだが、今日ばかりはカワウに感謝。

図書館は月末金曜日で定例の休館日だった。「迂闊な」自分を「強運だ」と思う身勝手さ。

Dscn5301_2

« ヤマガラ | トップページ | 風景の切れ端 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/37854038

この記事へのトラックバック一覧です: カワウの手引きでカワセミに会う:

« ヤマガラ | トップページ | 風景の切れ端 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ