« 晴苗(はるな)さんのやさい市 | トップページ | 稲垣仲静・稔次郎兄弟展 »

2010年6月28日 (月)

ヴェランダ菜園

ヴェランダ菜園は「目と手で楽しみ、夢を食する」ものなどと悟った境地でいた。ところが、植木市で買った青紫蘇(大葉)がどんどん大きくなって、一枚の葉が大人の手のひらをすっぽりと覆うくらいの大きさになった。鰹のたたきに巻いて、手巻き寿司にして食したこの大葉、香りも歯ごたえも十分。「野趣」とはこのことだ。

スーパーで買う大葉は大きさが揃っていて柔らかい。「大きすぎて不揃いなものは、商品として出荷できないんですよ」という生産者の嘆き(無念)の声が聞こえてきそうだ。人間なら<規格ハズレ>は才能であったり愛嬌であったりするのに。

野菜も<生きもの>なのだから、ひとつひとつ個性がありクセがある。そんな個性やクセが大切な味わいになるのに、と思う。

Dscn3479

わが家のヴェランダでは今、<ひね茄子>、<ひねトマト>が大きくなってきた。この子どもたちは、育て親(私)の背中を見て育っているから本当の<ひね>かもしれない。

Dscn3611

Dscn3612

« 晴苗(はるな)さんのやさい市 | トップページ | 稲垣仲静・稔次郎兄弟展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

びっくりしました、「ひねナス」「ひねトマト」という品種があるのかと、一瞬…。
わが家の青蘇(大葉のことを郷里ではそう呼びます)もこれほどではないですが、手に余る大きさです。
ミニトマト、色づいてる〜。わが家のはまだ青々…
ナスはやっと20cmくらい…「実」ではなく、「草丈」が…coldsweats01

青蘇、何べんも呟いてみると、冷奴やソーメンの爽やかさが口の中に広がるようです。
青蘇が正しい呼称のような気がします。紫蘇はムラサキの蘇ですものね。

お久しぶりです。我が家もことしは種から育てたプチトマト、いくつか実って喜んでいたら梅雨空続きで真っ青なのですが…^_^;
先生のベランダは別の地方のようですね。シソの葉も、これくらいであれば「大葉」と呼んでもいいなと思える大きさにびっくりです。bud

めだちゃん、お久しぶりです。
お変わりありませんか?
プチトマト、種から育てるなんてすごいですね。真っ赤に色づいたら、きっとおいしいですよ。
わが家のヴェランダは今ちょっとしたジャングル。ご近所でヒンシュクでは、と戦々恐々です。
急にうだるような暑さになりましたが、体に気をつけてくださいね。
また気楽にお立ち寄り下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/35272715

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェランダ菜園:

« 晴苗(はるな)さんのやさい市 | トップページ | 稲垣仲静・稔次郎兄弟展 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ