« 午後の散歩 | トップページ | カワウ »

2010年5月17日 (月)

野茨とバン

ベランダ前の梨谷池では、マガモやサギたちが去ってもう二月位になる。アオサギやゴイサギは相変わらず「ひとりぽつねんと」水面にせり出した枝にうずくまって何時間もじっとしている。カイツブリが姿を見せないままけたたましい鳴き声だけを響かせている朝がある。

ヒヨドリのさえずりは相変わらずにぎやかだ。日中はツバメが美しい放物線を描いて飛び交っている。夕刻になると、たくさんのコウモリが薄闇の中を蝶のように羽ばたいている。もうすぐ、ウシガエルが鳴き始めるだろう。

今年の春はおぼつかなげな足取りで行きつ戻りつしている感じだが、しかしやはり確実に初夏に向かって進んでいる。野茨の白い花が池に雪崩落ちるように咲いている。バンの赤いくちばしが白い花に映えて美しい。

 路たえて香にせまり咲くいばらかな(蕪村)

Dscn3341

Dscn3290

« 午後の散歩 | トップページ | カワウ »

自然」カテゴリの記事

コメント

ノイバラの花は香りもあって素敵ですね。
さっきから、裏の神社の杜でウグイスがしきりと鳴いています…。
清少納言には「わろし」とか言われそうですが…(笑)
その美声を聞きながら、すがすがしい5月の風を楽しんでいます。

「花いばら故郷の路に似たる哉」(蕪村)
匂いの記憶は人格の深いところにまどろんでいるんでしょうね。野茨の匂いがすると、少年の日に還ります。
神社の裏山の深い森でいろんな声を聞いたような気がします。ウグイスもフクロウも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/34742284

この記事へのトラックバック一覧です: 野茨とバン:

« 午後の散歩 | トップページ | カワウ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ