« 白梅 | トップページ | 心の自彊術 ― アラン『幸福論』 »

2010年2月27日 (土)

エナガ

今日2月27日、北緑丘の千里川べりでエナガをまじかに撮ることができた。いつも100メートル四方くらいの比較的狭いエリアを10数羽の群れを作って枝から枝を飛び回っている。群れにはメジロ、シジュウカラが混じっていることが多い。どの鳥も雀より小さくて、体色が美しい。とりわけエナガは、白い腹部に淡いピンクを刷いて、眉線の黒い帯が長い尾の方にまで伸びて、その容姿はまことに愛くるしくて、見とれてしまう。しかし、木の枝の高いところにいることが多く、動きが小刻みですばやいものだから、撮影するのは容易ではなかった。

ところが、今日は通りかかったピラカンサの低い茂みで群れが戯れていた。ほんの1メートルくらいの距離で見ることができた。こちらの切なる願いを察して自分の方から近づいてきてくれたのかな、と思わず笑みを返した。「これだからオヤジは困る」とエナガさんは考えたんじゃなかろうか。

(追加と訂正)

エナガの全体像がもっとよくわかる写真を追加します。そして、眉線ではなくは「眉斑」というのが正しいようです。ご覧のように、腹部の横から尾に伸びる黒い帯は、眉斑と一続きではないので、これも訂正させていただきます。

Photo

Photo

« 白梅 | トップページ | 心の自彊術 ― アラン『幸福論』 »

自然」カテゴリの記事

コメント

エナガという鳥は聞いたことはあるのですが、見たことなく。
こ〜んなに嘴が小さいのですか…。
何を食べるのでしょうね、木の実も食べられそうにない
小さい小さい嘴ですね。

おっしゃるとおり、あの小さな嘴では餌も限られているのでしょうね。鳥類図鑑では餌は虫や木の実として、「食料の少ない秋から冬にかけては熟した柿を食べたり、カエデの樹液を飲んだりする」と書かれています。メイプルシロップをどんなふうに飲む(吸う)のか、興味深いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/33557601

この記事へのトラックバック一覧です: エナガ:

« 白梅 | トップページ | 心の自彊術 ― アラン『幸福論』 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ