« レモンの花咲く国 | トップページ | パリ・イン・大阪 »

2009年12月24日 (木)

ツグミ

枯木立の頂きに、スズメに似ているがそれより少し大きめの小鳥を見つけた。赤褐色の翼、白い胸部から腹部にかけて黒い斑点を散らしている。撮った写真を脇に、いつものように鳥類図鑑と首っ引き。ツグミだと判明した。白い眉が特徴と図鑑には書かれているが、しかし離れた地上から見ると、長く鋭い嘴と目のまわりの黒い隈どりが印象的だった。気性の激しい鳥だそうだ。

千里川ぞいの木々は今はほとんど葉を落とし、野イバラ、ピラカンサなどの赤い木の実が目立っている。それを目ざとく見つけて寄ってくる小鳥たちが多いようだ。私の撮ったツグミはいささか<メタボ>だ。栄養を体内に貯えて厳しい冬に備えているのだろう。人間のメタボとはわけが違うと、見た。

ツグミは秋から冬にかけてシベリアから南下してくる渡り鳥だそうだ。太陽を回る地球の公転軌道が四季をもたらす。秋から冬にかけて日の移ろいが、鳥たちを<餌を求めての渡り>へと駆り立てる。<渡り>は鳥たちの体に刻み込まれた<宇宙のリズム>なのだ。

Photo

« レモンの花咲く国 | トップページ | パリ・イン・大阪 »

自然」カテゴリの記事

コメント

わが家の南天も、鳥さんたちのえさ場です。
気付けば、塀沿いの実は全てなくなってしまっていました…。

ツグミという鳥がいることは知っていましたが、
どういう姿をしているのか、全く知らず。渡り鳥だということも。
冬の鳥たちは、みんな「ぬくぬく」しててかわいいですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/32627991

この記事へのトラックバック一覧です: ツグミ:

« レモンの花咲く国 | トップページ | パリ・イン・大阪 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ