« ジョウビタキの雄 | トップページ | 石ばしる垂水の上のさ蕨の »

2009年12月30日 (水)

晴苗さんの野菜

十二月のこの時期、能勢では地表が凍って野菜を掘り出すのがひと苦労だそうだ。しかし、晴苗(はるな)さんの表情には、大地に寄りそって生きる人特有の静かな力強さが感じられた。

能勢の晴苗農園は、若い女性の晴苗さんがひとりで切り盛りする有機農家だそうだ。その晴苗さんが日曜ごとに箕面駅近くの雑貨屋さんのテラスを借りてひっそりと野菜市を出している。むろん自分が育てた野菜ばかりだ。

十一月の半ば頃たまたま通りかかって買った人参、レタス、白菜、小カブ、ラディッシュ等、その新鮮で甘くて充実した味に驚いた。家内は、晴苗さんの人参みたいな人参はどこにもないと言う。ラディッシュは果実のようだった。レタスは歯ごたえがあって野生的だった。どんな野菜も<生で>食べたくなる。

以来、千里川ぞいをバードウオッチングしながら晴苗さんの野菜市まで往復6キロの道のりを歩くのが、日曜日の楽しみになった。

この一年半、インターフェロンの副作用でさんざん辛い思いをした。そのせいで自分の身体や食、自然との関わり方をいろいろ考えさせられた。インターフェロンを一応終えた今は、大地を踏みしめて「歩く」ことに無上の喜びを感じている。一足ごとに、ギリシア神話の怪物アンテーウスのように足裏から大地の活力を吸い上げているような気がする。

グローバル経済のおかげで安価な農産物が大量に市場に出回るようになった。しかし、そのことが「日本の農」、「日本人の食」を窮地に追い込んでいるらしい。野菜は季節のものだということ、旬の野菜の味を私たちは忘れかかっている。それは、本来「農」に深く根ざしている日本の歴史と文化の危機かもしれない。おいしい野菜の味を知ることが、まず第一だろう。晴苗さんの野菜を噛みしめながら、そんなことを思った。

« ジョウビタキの雄 | トップページ | 石ばしる垂水の上のさ蕨の »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おじゃままです。ワタクシも、細々とプランターで
野菜を作ってみては失敗しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/32792367

この記事へのトラックバック一覧です: 晴苗さんの野菜:

« ジョウビタキの雄 | トップページ | 石ばしる垂水の上のさ蕨の »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ