« 竜胆(りんどう) | トップページ | 木枯らし1号のあと »

2009年11月 3日 (火)

木の実 草の実 いろいろ

秋の野山を彩る木の実や草の実はそれぞれに個性的で楽しい。フェンスに絡まる烏瓜(カラスウリ)と屁糞蔓(ヘクソカズラ)。そのユニークな名に、里人の暮らしが滲んでいる。

Photo_7

ミゾソバのピンクの花に立ち混じり、草の台(うてな)に乗っかっている瑠璃色の玉。イシミカワというらしい。命名の由来は不詳。

Photo_8

深紅の苞からのぞいている濃紫(こむらさき)の実は、ゴンズイ。脆(もろ)くて材として役に立たないところから、同じく役立たずの魚類ゴンズイからその名をもらったらしい。雑木林の縁でひときわ目立つ美しい木の実である。

Photo_4

« 竜胆(りんどう) | トップページ | 木枯らし1号のあと »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/31923371

この記事へのトラックバック一覧です: 木の実 草の実 いろいろ:

« 竜胆(りんどう) | トップページ | 木枯らし1号のあと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ