« 世界に開かれて在ること. | トップページ | ついに捉えたカワセミの姿 »

2009年11月11日 (水)

アマーラ にがい女(ひと)よ (Amara, bittre)

ご近所の庭に咲くアマリリスの花があまりにきれいだったので、撮らせてもらった。私が抱いていたアマリリスのイメージとは違っていたが、鉢に「アマリリス」という名札が挿されていた。私は花の育て主さんを無条件に信じる。

アマリリスという名は、ギリシアの牧人の娘の名から来ているとか。「アマリリス、アマリリス」とつぶやいてみる。すると、まだ見ぬギリシアの白い岩山、オリーブの葉に降りそそぐ明るい陽ざし、風のそよぎ、鳥の声、たそがれて焚き火のそばでまどろむ牧人、その頭上を渡ってゆく星座、そんなものが次々と目交(まなか)いを通り過ぎてゆく。

ドイツ・ロマン派の詩人フリードリッヒ・リュッケルト(1788-1866)に、「アマリリス」と題する連作詩がある。そこに「アマーラ にがい女(ひと)よ(Amara, bittre)」というソネットが含まれている。

 アマーラ にがい女(ひと)よ / あなたのふるまいはにがい。/ 足どり  腕のふり、/ 上目遣いのまなざし そして伏し目、/ 開いたくちびる 閉じたくちびる、/ あなたのそれはにがい。

 あなたの会釈 / あなたと交わすことなき口づけはにがい。/ あなたの語ること思うこと / そのすべてはにがい。 / あなたの持つもの そして現し身のあなたはにがい。

 <にがさ>があなたの前を行く。/ <にがさ>があなたをはさんで両脇を進む。/そして、あなたの歩みのあとを<にがさ>が追う。

 ああ <にがさ>に包まれたあなた、/ けれど誰が知ろう、あなたがどんなににがくとも、/ あなたをあなたたらしめているものが 私にはかくも甘美であることを。

Amaraはアマリリスの別称か。しかし、amaraはラテン語で「にがい」という形容詞だから、Amaraは文字通り「にがい女」の謂いである。そして、アマリリスの花言葉は「誇り」「内気」」「沈黙」。

amara(にがい)とamore(愛する)が似た響きを持つことは示唆的である。

薬の副作用で味覚が混沌としている私には、「にが甘い(bitter-sweet)」味が今いちばんぴったり来る。「にが甘い」は、ドイツ語では<bitter-suess>。

Photo

« 世界に開かれて在ること. | トップページ | ついに捉えたカワセミの姿 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/32081071

この記事へのトラックバック一覧です: アマーラ にがい女(ひと)よ (Amara, bittre):

« 世界に開かれて在ること. | トップページ | ついに捉えたカワセミの姿 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ