« マリア・チョドロフスカ | トップページ | チェーホフの風景 その1 »

2009年9月30日 (水)

ソバナでなく、ツリガネニンジンでした。

「ソバナ」は、「ツリガネニンジン」ではないかとのご指摘を受けました。確かに『キャンパスに咲く花』(吹田篇)の203頁に美しい写真と説明がありました。さすがですね。

別名トトキ。「山でうまいはオケラにトトキ、嫁に喰わすも惜しゅうござんす」との俚諺があるそうだ。古くからよく知られた山菜で、新芽が食用になるらしい。大阪大学のキャンパスには少ないので、採らずに秋に咲く花を楽しんでほしいとのこと。春にこっそり摘みに行きたいが、きっとお腹が痛くなるだろうことだろう。

« マリア・チョドロフスカ | トップページ | チェーホフの風景 その1 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/31583464

この記事へのトラックバック一覧です: ソバナでなく、ツリガネニンジンでした。:

« マリア・チョドロフスカ | トップページ | チェーホフの風景 その1 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ