« 虹 | トップページ | 函館の青柳町こそ悲しけれ  »

2009年6月 1日 (月)

マルチェロ・マストロヤンニ

マルチェロ・マストロヤンニの人生を、本人のインタヴューや近くにいた人々のさまざまな証言、彼の主演映画のシーンをつないで描いた『甘い追憶』は、このイタリアの稀代の名優の秘密を語って興味尽きないものがある。マストロヤンニの声はビロードのようにつややかで深く、いつも倍音を響かせる。彼はちょっと猫背の広い背中で、どんな台詞よりも雄弁に愛も喜びも失意も悲しみも 語ってみせる。彼はまるで<ブラック・ホール>のようにすべてを飲み込んでから、彼にしかできない<はにかんだ笑顔>を浮かべるのである。

彼が電話魔だったことはすべての人が証言している。撮影現場でワン・シーンの撮影が終わるとすぐにどこかに姿を消してしまうが、電話を掛けているのである。電話で他愛のない<ウソ>と<ホラ>を並べ立てて笑っていたそうな。愛すべき人かな。

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 [DVD]

« 虹 | トップページ | 函館の青柳町こそ悲しけれ  »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/29897404

この記事へのトラックバック一覧です: マルチェロ・マストロヤンニ:

« 虹 | トップページ | 函館の青柳町こそ悲しけれ  »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ