« ジョーはどこへいった | トップページ | 渡る »

2009年5月29日 (金)

茗荷(みょうが)

茗荷の梅酢づけ、生姜のはじかみ、柚子味噌がいちばん好きな子なんていうのは、やせっぽちで、内気なくせに、小生意気、要するに虚弱なわがままっ子と相場が知れている。母親は好き嫌いのひどい子にさんざん手を焼いたことだろう。茗荷なんか子どもが食べるものじゃない、もの忘れがひどくなるといつも愚痴っていた。しかし、取り立てて「もの忘れ」がひどくなったとも思わない。きっと茗荷は大人の食べものとしておきたかったのだ。

去年スーパーで茗荷の根茎を買い、ヴェランダで鉢植えにした。60~70センチに育った茎が末枯れ始めたころ、鉢土にひょっこり顔を出している茗荷に気がついた。 それからひと月、自家産の茗荷を堪能した。今年も茗荷の茎が勢いよく伸びてきた。

Photo_2

« ジョーはどこへいった | トップページ | 渡る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221163/29852247

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷(みょうが):

« ジョーはどこへいった | トップページ | 渡る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ