2016年7月20日 (水)

セミの閑(しずか)さ

Dscn6726

ヴェランダの前のケヤキの木立にたくさんのセミの集まってきて、早朝から鳴き始める。まさに「蝉時雨」。この10年くらいはアブラゼミやミンミンゼミが減って、ほとんどがクマゼミ。北摂地域のクマゼミの支配権が確立したようだ。

クマゼミはセミの仲間では、いちばん大型で透明な羽に緑の翅脈が美しい。子ども時代、夏休みのセミ取りでは、クマゼミを取ると鼻が高かった。

声の大きいセミだが、そんな記憶があってか私には不思議とうるさく聞こえない。じりじりと照りつける真夏の陽ざしの下、「シャンシャン」というクマゼミの斉唱を浴びていると心の中に「静寂」が広がっていく。ひんやりとした水底に潜って、薄暗がりの中で水面を打つ微かな音を聞くともなく聞いている。

「閑(しずか)さや 岩にしみ入る 蝉の声」(『奥の細道』)の芭蕉さんもたぶん同じような気持ちだったのではないかしらん?この蝉がクマゼミだったかヒグラシだったか?芭蕉がこの句を詠んだ立石寺(山寺)をまだ訪れたことがないので、わたしにはわからない。

2016年7月18日 (月)

夏の花

夏の花。ウオーキングの途中、通りすがりのお宅の玄関先に見つけた花。真ん中の「ランタナ」はよく知っている花だが、ほかの二つは名も知らぬ花。どの花も精いっぱい世話が行き届いて、そばを通る人に憩いと慰みを惜しみなく与えてくれている。「ありがとうございます」と心の中で、感謝のことばを呟いている。

Dscn6678

Dscn6688

Dscn6725





2016年7月16日 (土)

この夏初めての打上げ花火

Dscn6705


この夏はじめての打上げ花火。ドーンドーンという音に誘われてベランダに出てみると、お隣のマンションの向こう側に見えました。連続して4~5発打ち上げられると、しばらくお休み。その繰り返しが5~6回で打ち止め。10回くらいシャッターを押して、手ぶれしていなかったのはこの1枚だけ。ポケット・カメラで、よく撮れました。まあ、地味な花火大会でしたが、何といってもこの夏の初物、ということでお許しください。

2016年7月 6日 (水)

フヨウ(芙蓉)

フヨウとハイビスカスとムクゲ。暑熱の夏を代表する花。大輪の花はいずれもよく似ている。花びらの形状と色から見分けるのは難しい。ただ、花芯(雄蕊・雌蕊)が、それぞれに違っている。そして葉の形、樹形が違っている。

下の写真はどちらもフヨウ。一枚目の深紅の花は大輪で直径15センチくらい。真夏の日差しを受け止めて、「美しいというより迫力満点」、という言い方は花に失礼かな?この女王花(?)、一本の木に毎日一輪ずつ蕾を開くようだ。

2枚目のフヨウは、もう少し柔らかなピンクで、こちらの方は一本の木にたくさんの花をつけている。若い娘たちがわいわいおしゃべりしているみたいだ。

Dscn6649

Dscn6648


2016年7月 2日 (土)

カルガモ、そしてノウゼンカズラとアガパンサス

7月になり、千里川に居残っているカモは、私の見るかぎり、カルガモだけ。昨日、千里川で出会ったカルガモ、川の中洲にひとり(?)うずくまっている姿は何となく寂しげ。風切羽の青紫が美しい。事典では、カルガモは「渡り」をしない留鳥とか。

Dscn6633

下は、カルガモとは対照的に夏の暑熱を楽しんでいるノウゼンカズラの花。

Dscn6615

そして、羽鷹上池のそばのアガパンサス。紫君子蘭ともアフリカン・リリーとも言うそうだ。

Dscn6628

2016年6月30日 (木)

6月の白い妖精たち

今日が6月最後の一日。6月には、純白の花々がさながら白い妖精のように、あるときは木々の高い梢で、あるときは低い潅木の茂みでさまざまな姿態を楽しませてくれた。下の写真はタイサンボクとクチナシとムクゲ。その他にも、ヤマボウシ、ナツツバキ、アジサイなどなど、初夏のこの季節には、なぜか白い花々が目を惹く。そこには、ひとと花との交わりの長い歴史があるのだろう。

毎年、6月14日には住吉大社で御田植神事が行われる。数年前のこと、社殿のかたわらの水田に早苗を奉納する植女(うえめ)の白い装束と赤いタスキがけの姿にうろたえるほどにひどく心を打たれたことを思い出した。稲の妖精を目の当たりにしたような気がしたのだ。



Dscn6350

Dscn6500

Dscn6577

20140614_039


2016年6月17日 (金)

ノイバラとナニワイバラ

Dscn6243_2

ノイバラ(ハナイバラ)は6月も半ばの今ではもう川や池の土手で、雑木の茂みに隠れるように名残りの花を咲かせるばかりになった。(上の写真は数週間前のもの。)それでものぞき込むと、馥郁とした野趣のある香りが漂ってくる。

「花茨 故郷の路に似たるかな」(蕪村)

最近、散歩の途中で見かけたこの白バラ、ノイバラのようで、ノイバラではない。一重咲きで大輪のバラ。花の直径は5~6センチ。清楚で、可憐で、かつ気品に満ちている。おそらくノイバラに似て原生種に近いのだろうが、園芸家の丹精の歴史が感じられる。八重咲きの華麗なバラよりも、見る者の心にやさしく寄り添ってくる。「ナニワイバラ」というそうだ。江戸時代に大阪の商人によってもたらされたとか。

Dscn5284

2016年6月14日 (火)

石榴(ザクロ)の花

ヴェランダでいまザクロの花が咲いている。ハッとするほど鮮烈な朱赤だ。花ザクロなので、実ができても大きくなることはない。せいぜい直径3~4センチどまり。もう10年ばかりも我が家の住人だが、背丈も1メートル以上にはならない。とはいえ、この季節、たくさんのつぼみが付き、赤い花が次々と咲いて目を楽しませてくれる。

Dscn6519


もうかれこれ30年以上も前のこと。会津八一の歌に惹かれて、歌集をよくのぞいたりしていた。そのころ、結城信一『石榴(せきりゅうしょう)』を読んだ。八一の姪で戦時中十数年間にわたって八一の身辺の世話をした高橋きい子という女性について書いた小説だった。きい子は<たぶん横暴な巨人(?)>八一にひたすら献身的に勤めた末に、結核のため終戦の年の7月に33歳で他界した。。

八一はきい子への挽歌として連作『山鳩』を編んだ。その掉尾を飾って「かなしみて いづれば のき の しげりは に たまたま あかき せきりゅう の はな」の一首を詠んだ。小説の表題はその歌に拠っている。

ちなみに、英文学者であった八一には、ヨーロッパ神話で「ザクロ」は冥府の植物であり、「死」の象徴であることを熟知していたはずだ。と同時にザクロは「多産」の象徴でもある。八一はオルフェウスのように、冥府からきい子を地上に連れ戻したかっただろう。振り返ってはならぬという約束を犯して、背後の闇にかがり火のように燃え上がるきい子(ユリディーチェ)の魂を見たのだろうか。

2016年6月12日 (日)

ヒラズゲンセイ(ツチハンミョウ)

この虫、昨日(6月11日)の午後、自宅マンションの通路の舗石の上で発見。踏まれてはかわいそうなので、足元に落ちていた小枝に乗せて、桜の幹に移してやった。その形から、てっきりクワガタの子どもかと思った。しかし、体色があまりにも鮮やかな赤だったから、これが大きくなって黒いクワガタに変わるとはとうてい思えなかったので、念のためにネットで「クワガタ 赤」を検索してみた。すると、クワガタではなくて、近畿では珍しいという「ヒラズゲンセイ」という「ツチハンミョウ」の一種)だと分かった。、

Dscn6486

たまたま昨日の朝日新聞朝刊で舘野鴻(ひろし)『つちはんみょう』(偕成社)という絵本についての記事を読んで感銘を受け、「ツチハンミョウ」という虫に大いに興味をそそられたばかりだったので、「不思議な符合」にいささか驚かされた。

2016年6月11日 (土)

黄色スイレン

今朝、歯科医の帰りに羽鷹上池のそばを通りかかったので、これ幸い、スイレン三姉妹の顔を拝めるぞと思って池の面をのぞいたら、スイレンは一輪だけになっていてちょっとがっかりした。恨めし気にしばしその場に佇んで、一昨日見た二輪と一つのつぼみの消息を考えていた。ふと目を左手にずらして岸近くに向けると、スイレンの葉らしきものが水の上に10センチばかりも伸長している。スイレンの葉はふつう水面に浮かんでいるはずだから、「何だろう、これは?」といぶかしく思ってよく見ると、葉蔭に隠れるように咲く大輪の美しい黄の花が見えた。

Dscn6471

思わず「スゴーイ!」とあたりかまわず大声を上げそうになった。羽鷹池が神秘の池に思えて来た。それはやっぱり「スイレン」なのかどうか、もうちょっと詳しく調べてみよう!

(追補)今朝、池のそばを通りかかったときに、池の対岸に黄スイレンがいくつも咲いているのを遠目に発見した。下の写真。この写真を見るとやはりスイレンで間違いなさそうだ。

Dscn6504

«スイレン

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

星座 (リンク集)

無料ブログはココログ